バルト紀行vol.4 パスポート更新での注意点

本籍の住所をしっかり把握しましょう

ヘルシンキと成田往復の航空券を取ったはいいものの、僕のパスポートは期限が2月末で切れるものでした。

パスポートの更新へ向かったのが2月2日。一番近い有楽町の交通会館で申請します。

写真はスマホで自撮りも試みましたが、上手くいかなかったのでやむなく日比谷駅の証明写真機で撮影。

現像したものはパスポートだと色が明るく飛んで見えました。

僕が行った木曜日は受付が17時まで。

駆け込みで行ったからかわかりませんが、1時間ほど待つと言われたので階下で煙草を吸ったり、本屋で立ち読みしたりゲームをぽちぽちやっていたら50分ほどで番号札が呼ばれました。

時間帯にもよると思いますが、あまり長く外出していると閉め切られてしまいます。

失敗したのは、自分の本籍の住所を把握していなかったこと。申込書を書きながら慌てて実家に確認しました。

記入にそんな時間はかからないので、家で書いてから行くまではしなくていいと思いますが、必要事項をしっかり把握していないといけないなと痛感。

一週間後、雪の舞う中受け取りに行き、無事パスポートが手に入りました。

これまでは5年で発行していましたが、せっかくなので10年を選んでみました。

初めての赤い旅券です。

支出額

16,000円(パスポート・10年)

スポンサーリンク