バルト紀行vol.8 バルト旅行のホテルの予約

Pocket

フェリーとバスが決まった後はホテル探しです。
その流れで同じ日にスマホで検索しました。
一人旅だったら安宿のホステルもいいなとは思いましたが、二人旅ですし、なにぶん海外旅行に慣れていないので普通のホテルを選択しました。
ホテル探しのサイトは色々あるとは思いますが僕は楽天経由で予約できるBooking.comを使用。若干予約確定を急かされるところはあるものの、値段やきちんとしたメール連絡には満足しています。
チェックインの24時間前までは無料でキャンセル可能、また予約手数料もかかりません。

ヘルシンキの相場

ヘルシンキは物価の高さもあり、宿は高いです。
ホステルを除くと大人2人で一泊の最安値は10,000円弱、平均は16,000円くらいという印象でした。
移動時間を逆算するとヘルシンキ中央駅とランシターミナルの近くが良かったので、中心街から1キロ以上離れたホテルは却下。
最安値に近く、ヘルシンキ中央駅からも徒歩で行けるオメナホテル レンロティンカトゥというホテルに決めました。
76€で税込9,357円。
フロントがなく、メールでチェックイン前日に送られてくる番号を入力して入館、入室するタイプです。
こちらは唯一予約完了当日に宿泊料金がクレジットカードから引き落とされていました。

リガの相場

2日目、3日目に宿泊するリガのホテルはリクスウェル イリーナホテルを予約。
リガの相場は一泊あたり2,000円台から20,000円超えと幅がありましたが、こちらは2泊で92€。引き落とし額は11,332円でした。
ヘルシンキのオメナホテルに比べて約半額です。
値段も良心的でしたがリガのバスターミナルからのアクセスが良好。大通り沿いにあるので、全く迷うことなく歩いて10分ほどで着きます。
リガの旧市街にも10分足らずでアクセスでき、新市街も歩いて行ける距離。また電車の中央駅の目の前でした。
近くにはサブウェイやHESBURGERもありました。
こちらはチェックイン時ではなく、二泊目の夜に精算する形でした。
書類を読まされ、受付のボーイに色々言われてよくわかりませんでしたが、特に水増しされていなかったので大丈夫でしょう。

タリンの相場

タリンには4日目、5日目で宿泊。
こちらの相場は最安2,000円台から20,000円ほどまででした。
タリンはバスターミナルから港が少し離れているので(4キロ)、どちらかからは遠くなってしまうのですが、結果的に中間地点に近いメトロポールというホテルに決めました。

この地図で言えば、Viru Keskusの少し上のあたりです。港まで1キロ弱でした。
メトロポールホテルはBooking.comの評価よりも良く感じました。目の前の土地で工事をやっていた音が気になったくらい。
フロントの対応もとても丁寧でした。
こちらはチェックイン時に支払い。チェックイン時の帳簿は日本とほぼ同じです。
値段は108€で13,303円。一泊6,500円にしては綺麗なホテルだったと思います。
なお宿泊した3つのホテル全てで室内禁煙、灰皿はエントランスの外に設けてありました。
結局食べる時間がなかったのですが、リクスウェルとメトロポールは朝食込みの値段でした。
支出額
9,357円(ヘルシンキ オメナホテル 二人一泊)
11,332円(リガ リクスウェル イリーナ 二人二泊)
13,303円(タリン メトロポールホテル 二人二泊)

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です